交通ルール

自転車の安全な乗り方と交通ルールについて

歩行者にぶつかりそうになりながら歩道を走る自転車、よく見かけますよね?
でも自転車って実は軽車両です。最近では自動車との接触事故で怪我をするだけでなく、

サイクリスト自身が歩行者とぶつかり、怪我をさせるケースが増えました。
ここでは自分の身を守るだけでなく、歩行者の身の安全を守るための
交通ルールや走る際の注意事項についてご説明します。
罰則もありますので、注意してください。

  1. 車道が原則、歩道は例外➡【罰則】3か月以下の懲役または5万円以下の罰金
  2. 車道は左側を通行。逆走は禁止!➡【罰則】3か月以下の懲役または5万円以下の罰金等
  3. 右折は2回に分けて。直進でも左折レーンで!
  4. 無灯火は禁止です。➡【罰則】5万円以下の罰金
  5. 並走(並進)はNG➡【罰則】2万円以下の罰金または科料
  6. 飲酒運転は禁止です➡【罰則】5年以下の懲役または100万円以下の罰金
  7. 音楽を聴きながら走るのは危険➡【罰則】5万円以下の罰金
  8. 後方確認の徹底9、追い越し時の後方への手信号(合図)
  9. 自転車同士で追い越すときの声掛け
1.車道が原則、歩道は例外
・歩道と車道があるところは車道を通行するのが原則です。例外(1)道路標識や道路標示で指定された場合(2)運転者が13歳未満の子供、70歳以上の高齢者、身体の不自由な方(3)車道や交通の状態から見てやむを得ない場合・白線が2本描かれている路側帯の走行自転車が走行可能な路側帯は1本の白い線で描かれています。2本の線で書かれている路側帯は歩行者専用です。自転車から降りて押して歩かなくてはなりません。なお、自転車が歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を徐行しなければなりません。歩行者の通行を妨げるような場合は一時停止しなければなりません➡【罰則】2万円以下の罰金又は科料
2.車道は左側を通行。逆走は禁止!
・自転車の右側通行は禁止です。・逆走も禁止されています。右側を走るとすれ違いの際に接触事故を起こしたり、路駐の車を避ける際に道路中央に出て、繁体方向からの車と衝突したりする危険があります。必ず左側を通行し、路駐の車などを追い抜くときはしっかりと後方確認をした上で追い抜きに入りましょう。
3.右折は2回に分けて。直進でも左折レーンで!
・信号のない交差点では必ず一時停止T字路や十字路等の交差点で一旦停止または徐行をせずに交差点内へ侵入すると出会い頭の事故に繋がります。狭い交差点や信号の無い交差点でも一時停止をし、しっかりと左右の確認をとりましょう。・右折専用レーンからの右折は禁止交差点を曲がる時は二段階右折が正式な曲がり方です。右折レーンに入るのは大変危険です。面倒でも一旦反対側に渡り、2回に分けて横断します。・左折車横のすり抜けは危険。左折車が行き過ぎるのを待って直進。左折車線がある時に直進する場合でも、必ず左折車線で信号待ちをします。車に巻き込まれる危険があるので信号が青になっても無理にすり抜けようとせずに、全ての左折車が左折するのを待って直進するようにしましょう。
4.夜間はライトを点灯。無灯火は禁止です。
夜間、自転車で道路を走るときは、前照灯及び尾灯(または反射器材)をつけましょう。ライトをつけるのは、自分が進む道を照らして見やすくするためだけでなく、前方や後方から来るほかの自動車やバイクなどに自分の存在を目立たせるためです。ライトをつけていない自転車は、相手側から発見されにくく危険です。また、夜間走行時は白色やカラーの付いたウエアーを着ていると自動車などからも確認できやすく事故防止にもつながります。
5.並走(並進)は禁止されています。
「並進可」の標識があるところ以外では、並んで走ってはなりません。道路を自転車が並んで走ると3~5m位の幅を使うことになり、どちらかの自転車が車道の中央寄りを走ることになり危険ですし、道路に広がるため、他の通行の妨げにもなります。
6.飲酒運転は懲役5年以下、100万以下の罰金です。
自転車だから許されるだろうということはありません。自転車も車と同様、飲酒運転はです。
7.音楽を聴きながら走るのは危険です。
イヤホンで音楽を聴きながらの運転は、音楽に気をとられて注意散漫になったり、後ろから近づいてくる自動車の音が聞こえなかったりして、事故に遭う危険性が高まりますので、絶対にやめましょう。携帯電話ももちろん禁止されています。
8.後方確認の徹底
走行中は、後ろは見えにくく死角になります。追い越しする時や曲がり角では十分に後方を確認して左折、右折、または追い越しに入ります。この時に後方を確認せずに追い越しをかけると急な飛び出しで、後方車との事故にもつながります。
9.追い越し時の後方への手信号(合図)
追い越しや右折左折の場合等は後方の確認をしっかりして手信号で後続車に自分の意思表示をしましょう。車から自分の動きが見えるようにしてあげられればスムーズに対応できます。
10.自転車同士で追い越すときの声掛け
例えば集団から離れる、あるいは位置替えの時に、追い越したり追い越されたりします。この時に後ろからくる方は前の方に追い越しをかけることを伝えましょう。伝達が無いと追い越されるほうはいきなり自転車が横から出てくる形になりとても怖く感じます。追い越しの際は一声かけてあげるのがマナーです。

一覧に戻る